カテゴリ: レース結果

1:jinjin ★:2022/01/17(月) 09:08:12.62 ID:CAP_USER9.net
【日経新春杯】売上は72億7106万4500円で昨年からおよそ9.6億円の増加

16日、中京競馬場で行われた日経新春杯(4歳上・GII・芝2200m)は、中団でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の3番人気ヨーホーレイク(牡4、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で1番人気ステラヴェローチェ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)との追い比べを制し、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分11秒7(良)。

同レースの売り上げは72億7106万4500円で、ショウリュウイクゾが優勝した昨年の63億988万8900円より増加となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c94fc800758bf84c421092385dd78229d1245ae


【京成杯】売上は62億9613万6900円で昨年からおよそ17.6億円の増加

16日、中山競馬場で行われた京成杯(3歳・GIII・芝2000m)は、中団前で脚を溜めていった菅原明良騎手騎乗の6番人気オニャンコポン(牡3、美浦・小島茂之厩舎)が、直線で外に出され、一旦は先頭に立った5番人気ロジハービン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)をゴール前で差し切って、これに1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分01秒3(良)。

同レースの売り上げは62億9613万6900円で、グラティアスが優勝した昨年の45億3057万6300円より増加となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ae06efbcb2c33332e2aaaec2dac4bcf8eb3620f


【愛知杯】売上は53億9825万5000円で昨年からおよそ7.4億円の増加

15日、中京競馬場で行われた愛知杯(4歳上・牝・GIII・芝2000m)は、中団後方でレースを進めた武豊騎手騎乗の7番人気ルビーカサブランカ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線でがら空きの内を突いて抜け出し、馬場の4分どころから伸びた3番人気マリアエレーナ(牝4、栗東・吉田直弘厩舎)にアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分01秒0(良)。

同レースの売り上げは53億9825万5000円で、マジックキャッスルが優勝した昨年の46億5972万8500円より増加となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33e715e5f67565af69c51b26f9710a4dd3f833d8

続きを読む

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2022/01/16(日) 13:55:28.49 ID:LRt5+8Yt0.net
価値あるレースになったな

続きを読む

1:サザンカ ★:2022/01/16(日) 15:55:14.39 ID:CAP_USER9.net
【日経新春杯】ヨーホーレイクがダービー以来の実戦で重賞初V 2着にステラヴェローチェ
1/16(日) 15:48配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/ddf64e7a36d7bb34a7350def3bed4b766d6beab0
スポーツ報知
◆第69回日経新春杯・G2(1月16日、中京・芝2200メートル、良)

16頭立てで争われたハンデ重賞は、
3番人気でハンデ55キロのヨーホーレイク(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)が川田将雅騎手を背に、
最後の直線で1番人気で同57キロのステラヴェローチェ(2着、ミルコ・デムーロ騎手)とのたたき合いを3/4馬身差で制し、
日本ダービー以来7か月半ぶりの実戦で重賞初制覇を果たした。
勝ち時計は、2分11秒7。

9番人気で同54キロのヤシャマル(松田大作騎手)がさらに3馬身差の3着に入った。

続きを読む

1:jinjin ★:2022/01/16(日) 15:58:46.26 ID:CAP_USER9.net
【京成杯速報】オニャンコポンが優勝!


16日、中山競馬場で行われた京成杯(3歳・GIII・芝2000m)は、菅原明良騎手騎乗の6番人気オニャンコポン(牡3、美浦・小島茂之厩舎)が1位入線を果たした。

以下、5番人気ロジハービン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)、8番人気ヴェローナシチー(牡3、栗東・佐々木晶三厩舎)の順でゴール板を通過している。

1番人気アライバル(牡3、美浦・栗田徹厩舎)は4位入線。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c5aa993a8569fff5b786f62db6aeb533b3d1903e

続きを読む

1:サザンカ ★:2021/12/29(水) 16:12:16.58 ID:CAP_USER9.net
【東京大賞典】オメガパフュームが1番人気に応え4連覇達成!! クリンチャーとの激しい叩き合い制し、鞍上のM・デムーロも喜び爆発
https://news.yahoo.co.jp/articles/ef06f40e489608c6ce18cc7dbf64fa0b1ebb63bd
12/29(水) 15:47配信
中日スポーツ
◇第67回東京大賞典(29日・G1・大井・ダート2000メートル)
‘’前馬未踏‘’の4連覇達成だ。1番人気に指示されたオメガパフュームが大仕事をやってのけた。
前走のJBCクラシックでは出遅れが響いて2着に惜敗。
ただ、この日はしっかりゲートを五分で出ると、道中はほぼ中段でレースを進め、3番手で直線へ。
鞍上のM・デムーロの指示に反応し、芦毛の馬体を躍動させる。
最後はクリンチャーとの激しいたたき合いの末、先頭でゴール板を駆け抜けた。

レース前には「条件面に不安はありません。この馬の力を出し切れれば」と全幅の信頼を寄せていた安田翔師。
無類の強さを誇る舞台で、またしてもその名を競馬史に刻んだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ